審美歯科

審美補綴

自然で白く美しい被せ物、詰め物

予防することの大切さ、意義

気になる銀歯は白くて丈夫な素材に交換できます。
色も形もバランスのとれた歯にすることで、笑顔の魅力もアップします。

セラミックの長持ちに重要な要素を占める接着剤や接着システムにも防湿・無菌的を心がけております。

症例

Before After
術前 術後

審美歯科とは

審美歯科とは

審美歯科とは、虫歯治療や予防歯科とは異なり、口腔疾患等の治療を行いながら見た目の美しさに重点を置いた治療法です。通常、欠損部分がある場合においてはその補填が必要になります。そのため、歯には詰め物被せ物を利用して保護を行います。

一般的なイメージとして銀歯が分かりやすいかと思いますが、口の中に無機物である金属が存在していることは、見た目の不自然さをもたらします。機能的には問題がなくても、見た目に不満が残る場合があります。そこで、可能な限り自然な見た目を意識し、歯の治療を行ったと思わせないようにすることが審美歯科の基本概念となります。

オールセラミック

セラミックとは陶磁器のことを指しますが、審美歯科におけるオールセラミックとは、補綴物をすべてセラミックで仕上げることを指します。セラミックは光の透過によって見た目が自然の歯と同じであり、特に見えやすい前歯への使用において相性が良いです。

セラミックインレー

セラミックの補綴物の中で、詰め物をセラミックで作製することを指します。一般的には、奥歯の詰め物には銀歯を使うことが多いのですが、金属アレルギー等の問題があります。セラミックインレーの場合は金属アレルギーの方でも問題なく使用できますし、しっかりと歯に合うので虫歯のリスクを下げるというメリットもあります。ただし、陶磁器製なので金属に比べて割れやすいというデメリットもあります。

ジルコニアセラミック

ジルコニアセラミックは、表面がセラミックで、内側部分がジルコニア(人工ダイヤモンド)でできています。セラミックには「割れやすい」というデメリットがありますが、ダイヤモンドという極めて頑丈な素材を使っているため、耐久面で優れています。また、見た目に関してはセラミックのメリットをそのまま受け継ぎ、金属アレルギーにも対応できます。

ホワイトニング

一般的に、人の歯は白い方がきれいであるとされています。しかし、しっかりと歯磨きを行っていても、次第に歯は黄色や茶色に染まっていきます。そうして白くなくなってしまった歯を、専用のホワイトニング剤で処理して白くすることがホワイトニングです。主にホームホワイトニングオフィスホワイトニングがあります。

詳しくはホワイトニングのページをご覧ください。

ラミネートベニア

ラミネートベニアとは、簡単に言うとネイルチップの歯バージョンのようなものです。歯を薄く削って、そこにラミネートベニアを貼り付けます。上記のホワイトニングでは白くできない歯も白く見せることができ、形に干渉することもできます。付着させたラミネートベニアは取り外せませんが、生活の中で割れてしまう可能性もあるので注意が必要です。

ガムピーリング

審美歯科において、歯を白くきれいに見せることは想像しやすいですね。しかし、実際に歯の白さを際立たせる存在として歯茎を無視することはできません。ガムピーリングは、歯茎のホワイトニングのような存在であり、黒ずんだ歯茎を健康的なピンク色に戻します。

ページトップ