世界最速 国産インプラント

世界最速 国産インプラント

インプラントとは

インプラント治療は歯を失ったときの治療法のひとつです。
生体親和性の高いチタン製の人工歯根を顎の骨に埋め込み、上部に人工歯を取り付ける治療法です。

1本からの治療が可能で、従来の入れ歯やブリッジといった治療法と比べ、自分の歯のような感覚でしっかり噛める周囲の歯に負担をかけないといったメリットがあります。

当院では世界最速に骨結合する国産最新型のインプラントを用いて治療を行っております。

インプラント」・「入れ歯」・「ブリッジ」治療法の比較

とはいえ、それだけ言われてもピンと来ない人も多いでしょう。そこで、人工歯を用いた他の治療法「入れ歯」と「ブリッジ」と比較してみましょう。

①固定方法

①固定方法

まず「固定方法」についてです。

入れ歯は基本的に金具で両端の歯に固定します。

ブリッジは失った歯の両端の歯を削って、そこに被せることで固定します。どちらの場合も「周囲(両端)の歯を傷つける」という点がデメリットとなります。

インプラントの場合は、顎骨に土台を埋め込み、連結具を用いて人工歯を固定するので、周囲の歯に影響しません

②見た目の問題

②見た目の問題

次に挙げられるのが「見た目」です。

入れ歯の場合、保険適用内の方法では金具を用いて両端の歯に引っ掛ける方法をとりますので、金具が露出しています。

インプラントの場合は金具が人工歯で覆われていますし、ブリッジの場合は金具を用いていません。

③噛み心地

③噛み心地

3つ目に「噛み心地」です。歯は食べ物を咀嚼するためにあります。そのため、噛む力や噛み心地も大きな要素となります。

入れ歯の場合、噛む力は弱く、違和感も大きいです。

ブリッジの場合は噛み心地は良いのですが、噛む力は入れ歯ほどではないにしても弱まることが多いです。

インプラントは顎骨に土台がしっかりと埋まっているため、噛む力も噛み心地も天然の歯と大差ありません

④熱や味覚の問題

④熱や味覚の問題

4つ目に、食べたものからどのように感じるかということです。入れ歯の場合、特に総入れ歯では土台部分がプラスチック(保険外の場合は他の材質もありますが)で相応の厚みがあるため、温かい食べ物から熱を感じにくくなります。そのため、味の感じ方にも違和感を覚えることになります。

一方、インプラントとブリッジの場合、床に当たる部分がないので、食事の感覚については違和感が少ないでしょう。

⑤治療期間

⑤治療期間

ここまではインプラントの優れた部分を紹介しましたが、インプラントにもデメリットはあります。まずは「治療期間」です。

インプラントの場合、顎の骨にチタン製の土台を埋め込むため、手術が必要です。チタンの土台と骨がしっかりと固定され、手術の傷が治るまでは次の段階に進めないため、相応の期間を要します

入れ歯とブリッジの場合、そこまで長い時間は必要としません。

⑥お値段

⑥お値段

お値段の点においても、大きな違いがあります。

最もお金がかからないのは「入れ歯」で、保険適用される内容であれば最も安上がりです。

次に安くなるのは「ブリッジ」で、こちらも保険が適用される範囲内であれば安くなります。

最も高く付くのが「インプラント」で、先端技術であるため保険が適用されず、その分だけ費用も高くなります。

入れ歯を安定させるために

入れ歯の下に磁石がついたミニインプラントも積極的におこなっております。
入れ歯が安定します。入れ歯が安定しない方はご相談くださいね。

ページトップ