矯正治療

矯正相談治療

矯正相談治療

当院では、専用の装置を用いて正常な位置に歯を動かす矯正治療を行っています。
歯並びが気になるうまく噛み合っていない気がするといった方に向けた治療です。

不正咬合の種類

一言に「不正咬合」と言っても、その種類は1つではありません。

上顎前突

上顎前突

いわゆる出っ歯のことであり、上顎の骨格が飛び出ていることが原因です。

反対咬合

反対咬合

通常とは逆に下の歯が前に出て噛み合っている状態のことです。

開咬

開咬

噛み合わせの際に前歯が噛み合わず、前歯で食べ物を噛み切れないことと、奥歯に負担が集中するという問題があります。

過蓋咬合

過蓋咬合

噛み合わせが深くなり、下の前歯が前歯に覆われている状態です。

交叉咬合

交叉咬合

一部の歯が上下逆に覆われている状態で、上の歯が覆っている部分と下の歯が覆っている部分が交叉しています。

叢生(そうせい)

叢生

歯並びがでこぼこしている状態です。

空隙歯列(くうげきしれつ)

空隙歯列

歯と歯の間に隙間がある状態のことで、いわゆる「すきっ歯」のことです。

このページをご覧になっている人の中には、ご自分の歯の状態で心当たりがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

不正咬合のデメリット

矯正相談治療

不正咬合を放置することには、数多くのデメリットがあります。

まず、「見た目が悪い」ということです。コンプレックスになり、精神疾患の原因となる可能性も否定できません。

次に「口腔疾患のリスクが高まる」ことです。歯並びの悪さは歯磨きの際に磨き残しを発生させやすく、歯垢が溜まって虫歯になりやすいのです。

3つ目が「胃腸への負担が大きくなる」ことです。噛み合わせが悪いためにしっかりと咀嚼できず、消化器官への負担が大きくなってしまいます。

最後に、「顎関節の疾患の原因となりやすい」ことが挙げられます。しっかり噛めないことで顎の関節に負担がかかり、顎関節の機能不全をもたらしやすくなります。

不正咬合の治療法

矯正歯科における不正咬合の治療法は、いくつかの種類が存在します。

ワイヤー矯正

ご覧になったことがある方も多いかと思われますが、歯をワイヤーで覆って矯正する方法です。「目立つから嫌だ!」という方には、下記の2つの方法がお勧めです。

裏側矯正

これは通常のワイヤー矯正が歯の表側に施されるのに対して歯の裏側にワイヤーを覆う方法です。

マウスピース矯正

透明なマウスピースで矯正するので、よほど間近で見ないかぎりは歯の矯正中であることを知られません。

ページトップ