予防歯科

定期検診と定期的なクリーニング

定期検診と定期的なクリーニング

歯を守るためには定期検診が大切です。
当院では、年代によって異なるお口の環境に応じてクリーニングを行っています。

クリーニングやホワイトニングの最後には、専用のジェルを用いてお口の中のマッサージを行います。最後にマッサージを行うことで、お口周りの筋肉の緊張がほぐれ、気持ちが良いだけでなく唾液の分泌も盛んになり、健康増進につながります。

予防することの大切さ、意義

予防することの大切さ、意義

一般的に歯科医院は、虫歯等の「歯の病気を治療する場所」というイメージが強いと思います。子供の頃に虫歯を治療した経験がある方も多いでしょうし、病院というものはどうしても病気や怪我の治療のために訪れる場所であるという印象が強くあります。

しかし、歯科医院の場合は他の医院に比べて予防のためという目的での利用が大切なのです。つまり、虫歯や歯周病といった口腔疾患に対する自覚症状がないとしても、プロの目で診て病気の兆候がないかを調べる、健康的な歯を維持するための正しいケアの方法を知るといった予防歯科としての活用こそが、将来的に健康的な歯を維持するために必要なのです。

また、歯科医院での治療は大人であっても「ドリルで削る=痛い治療である」というイメージが強く、実際に麻酔をしても痛みが発生する可能性があります。しかし、予防をしておくことによって実際に虫歯等の口腔疾患にかかってから治療を開始する場合に比べて、コストがかからない痛みが少ないことがメリットとして挙げられます。

PMTC

予防することの大切さ、意義

PMTCとは、「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の略称であり、プロの手による器具を用いた歯の洗浄です。

通常、歯の洗浄は歯磨きによって果たされます。しかし、世の中には「毎日きちんと歯を磨いていても虫歯になった」という方が少なくありません。その理由は、通常の歯磨きだけでは落とせない汚れが歯を蝕んでいるからです。

とくに細かなすき間に存在する汚れは一般的な歯ブラシによる歯磨きでは除去することが難しく、虫歯や歯周病の原因となる場合があります。そうした汚れをプロの手によって洗浄することで、口腔疾患のリスクを大幅に下げることがPTMCの意義なのです。

フッ素塗布

予防することの大切さ、意義

フッ素塗布は虫歯予防において3つの効果を基軸としています。

まず、虫歯菌による酸の産出を抑えます。虫歯の原因は、口腔常在菌の中に存在する糖質をもとに酸を産出する細菌が作り出す酸によって歯のエナメル質が溶かされることで起こります。フッ素を塗布することによって、その細菌の働きを抑制することができるため、虫歯予防につながります。

次に、再石灰化の促進です。常在菌による歯の脱灰を補修するために、唾液によって口腔内のpH値をアルカリ性に戻します。これによってエナメル質の補修を行うことを再石灰化というのですが、フッ素塗布を行うことでそれが促進されます。

最後に、歯を丈夫にすることができます。再石灰化の際に歯のエナメル質とフッ素が結びつくことで、歯が硬く変質します。これによって脱灰に強くなります。

ページトップ